Home今年は”C世代”に注目!

今年は”C世代”に注目!

てらと@営業推進室です。
*
アドレス通商株式会社を、
今年もよろしくお願い申し上げます。
*
年明けは、なにかとバタバタすることが多いので、
本日からじっくり通常業務を、という方がいらっしゃるかもしれません。
当社では、正月2日から稼働しているセンターもありました。
*
百貨店の初売りは好調だったと聞いています。
澤選手のFIFAバロンドール受賞のニュースも飛び込んできました。
今年は良い年になることを期待したいものです。
*
新しい年になって、気になりはじめた言葉があります。
「ジェネレーションC(C世代)」、
米国で使われ始めた言葉だそうですが、日経新聞がいろいろと記事にしています。
*
必ずしも年齢を特定するものではないらしいのですが、
基本的には10代、20代の若者世代を指し、
Computer(パソコン)、Connected(接続)、Community(共同体)、
Change(変化)、Create(創造)などを意味する"C"を世代の名前に。
*
"C"のつく言葉としては上記のほかに、
Content(コンテンツ)、Communication(コミュニケーション)、
Collaboration(協力)、Contribute(貢献)、Casual(四角ばらない)、
などを挙げるケースもあるといいます。
*
以前からある"デジタル・ネイティブ"という言葉と似ているようですが、
私は、少々異なるニュアンスも感じます。
"デジタル・ネイティブ"からは、ひとりの人とひとつの機器の関係、
個々の人とデジタルネットワークの関係をつよく感じるのですが、
今はクラウドやソーシャルネットワークに代表されるように、
さまざまな機器と機器がシームレスにつながるようになり、
個人は社会とつながっていることを意識するようになりました。
*
"C世代"という言葉が一般に定着するかどうがわかりませんが、
これからの"変化"を考えるためのきっかけを与えてくれるかもしれません。
ビジネスに関係しているところでは、
メディアや広告宣伝、マーケティングにどのような影響を与えるのか、
注目していきたいと思います。
*
以下、日経のサイトを、ランダムにちょっとだけご紹介しておきます。
*
▼(C世代 駆ける)(1)開かれる知 つながる力 動き出す「チーム・グローバル」 社会の課題、次々挑戦
*
▼日本の10代、国の成長に望み託す C世代駆ける 第1回 アンケートで探る世代の実像
*
▼「ニッポン好き」進化 国内外で文化循環 C世代駆ける 第8回

							

コメントを残す

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031