行政刷新会議、薬のネット販売の規制を見直し

てらと@営業推進室です。
*
医薬品のネット販売の規制が見直される可能性がでてきたようです。
*
1月26日の行政刷新会議が「規制・制度改革に関する分科会」を開いて、
制度の見直しを提言する報告書をまとめたとの記事を読みました。
*
楽天をはじめEコマース、通販業界から要望、意見がでていましたが、
利用者の利便性や経済活性化が見直しの理由とのことです。
*
対面販売の良さもそれはそれであるでしょうが、ネットでも紙のメディアでも、
メリット、デメリットの表示はできますし、仮説~検証によって表現の精度をあげたり、
できるだけ誤解をなくしていくといった工夫は、通信販売のほうが得意ともいえます。
*
購買数量をシステム的に制限したり、購買履歴の管理によってトレーサビリティを確保するなど、
店舗販売よりもきちんと責任をとれる面もあると考えられます。
*
規制によって不便な思いをしているユーザー、ネット販売者には朗報ですね。
*
*
▼毎日JP 2011/01/27
「行政刷新会議:規制・制度、250項目の見直しを提言 薬ネット販売拡大」
▼薬事日報 2011/01/27
【一般薬のネット販売】行政刷新会議分科会が「第2弾改革案」‐新ルール制定を視野

ヤマトHDがアジアでの宅配網を拡大するそうです

てらと@営業推進室です。
*
ヤマトHDの海外戦略が日経新聞に載っていました。
すでに展開している上海、シンガポールから、香港や韓国、マレーシアなど、
10以上の国・地域に宅配網を拡大するとのニュースです。
*
個別の地域・国内での配送網整備のあとは、
アジア域内に拡大していく宅配に発展していくのでしょう。
"シンガポール/香港"、"マレーシア/上海"といったような国・地域をまたがる小口物流です。
*
国・地域の間の"カベ"が低くなっていくということかもしれません。
*
海外通販を計画している企業が増えていることから、
こういったニュースについ目がいきます。
*
*
▼ヤマト、アジア宅配網拡大 10以上の国・地域に進出
2011/1/28 2:01

国際郵便営業センターの方と情報交換を行いました

てらと@営業推進室です。
*
当社の営業が、日本郵便の国際郵便営業センターの方と情報交換をするというので、
私も同席させてもらいました。
*
昨年あたりから、海外通販に対する関心が高まってきていまして、
すでにお手伝いしている国内通販のお客様の中にも、
さらなる成長機会をもとめて、海外向けの事業展開を検討されるケースが、
増えてきているようです。
*
もちろん在外邦人向けの出荷などは、自然発生的に出てきますので、
今までも手掛けてきているのですが、今後は、海外の個人向け、
もっとはっきりいえば中国のマーケットに商機を見出したいということでしょう。
*
当社では、EMS(国際スピード郵便)をひとつの有力な配送手段とみて、
日本郵便さんと情報交換を続けており、海外通販セミナーの開催に協力させていただいたり、
共同で提案活動を行ったりしています。
*
通販システムやWMS(倉庫管理システム)への機能追加や、
サービスインフラの構築にも注力していきたいと考えています
*
▼日本郵便/国際郵便/EMS(国際スピード郵便)のサイト

							

楽天、2010年ショップ・オブ・ザ・イヤーを発表

てらと@営業推進室です。
*
先週末、あるIT企業の経営者にお目にかかる機会があり、
いろいろとお話を伺うとともに、今後の協業について意見交換をしました。
*
その折りに印象的だったのは、2000年前後に活発化したEコマースですが、
その後やや踊り場的な時期を経て、昨年くらいからまた活発になってきたのでは、
というお話でした。
*
通販協会の調査でも、60歳、70歳といった年配の層に、
インターネット利用、Eコマース利用者が増えているいうことですから、
そういった利用者の増加も、影響しているのかもしれませんね。
*
同社でもこれからEコマース周辺事業に力を入れるというお話でしたので、
当社では、フルフィルメントの実務的なサービスで連携していきます。
*
ところで、そのEコマース関連のニュースですが、
楽天のショップ・オブ・ザ・イヤーが発表になってましたね。
*
総合グランプリは、「爽快ドラッグ」、2位は「Joshin web」、次いで、
「ケンコーコム」がランクインしたそうです。
*
*
▼楽天、ショップ・オブ・ザ・イヤー2010発表。総合1位は爽快ドラッグ
ECサポーター:2011/01/14

当社ホームページを更新しました。

当社ホームページの「お客様の声」に、
「株式会社ジエ・エー・エフ出版社様の声」を追加しました。
*
*
▼アドレス通商株式会社 お客様の声