印刷用の用紙、インクが不足しているそうです。

てらと@営業推進室です。
*
震災の影響が、印刷の用紙、インクの流通に及んでいるようです。
*
当社の現場でも、予定していた印刷物の納期が遅れるケースがあり、
スケジュール調整に苦心しているとの声を聞きました。
*
目についた記事、資料を紹介しておきます。
*
▼巨大震災の影響・紙パ、印刷用紙生産の2割が停止
*
▼出版物のインキ業界、材料・生産力・流通力不足で「非常事態」を宣言

*

▼印刷インキ工業連合会 発表資料

ECサイトのリニューアルオープンをお手伝いしました

てらと@営業推進室です。
*
12月の書き込みでも触れましたが、
当社で通販業務のお手伝いをしている出版社のECサイトが、
本日リニューアルオープンしました。
*
当社のパートナー、KBMJ社がサイト構築を担当、
当社のシステムとの連携で業務を運用していきます。
*
*
▼関連エントリー「KBMJ社と協働して、出版社のECサイトをリニューアル」

通販協会サイトから、通販業界の震災対応について

てらと@営業推進室です。
*
日本通信販売協会のサイトから、地震対応に関連した情報を紹介しておきます。
*
ひとつは阪神淡路のときの通販会社の対応をまとめた機関紙バックナンバーの紹介と、
もうひとつは、被災地の顧客に対して、支払い猶予を認めてほしいとのお願いです。
*
2011.03.16
■東北地方太平洋沖地震への通販業界の対応について
この大震災に際し通販業界としてどのような対応をとったらよいか
参考に費えするため、「1995年・阪神淡路大震災」に際し、
会員各社の対応をまとめた協会機関紙の抜粋を掲載いたします。
「JADMA NEWS1995年3月号」
*
2011.03.15
■東北地方太平洋沖地震により被災された方々への対応について(お願い)
…支払い猶予期間を設ける等の適切なご配慮をいただきたく、
ご協力のほどお願い申し上げます。>>会員向け通達

“規制仕訳”で医薬品のネット販売はどうなる?

てらと@営業推進室です。
*
通販新聞に、医薬品の通販規制に関する記事がありました。
*
日本オンラインドラッグ協会が厚労省に申入書を提出したとの記事で、
同協会ではまず、「規制仕分けで厚労省が提示した、
ネット販売での不適正な医薬品購入や、濫用を目的とした医薬品購入の事例」
の撤回を求めているそうです。
*
もともとの議論は、正規の許可を受けた薬局・薬店の通販のあり方なので、
法律違反の事例を取り上げてネットを危険視するのは筋違いだとしています。
*
規制仕訳によって規制見直しの動きも出てきました。
ユーザー保護は当然確保されなくてはなりませんが、
ネットを除外したり、コントロール下に置こうとしたりするのは、
生活の変化、コミュニケーションの変化に目をつぶるような行為といえるかもしれません。
*
一人のユーザーとしても、通販をサポートするサービス提供社の一員としても、
なんとか良い方向へ転換していっていただければ、と期待したいと思います。
*
▼JODA 規制仕分けの資料・発言で厚労省に撤回申し入れ
*
関連記事
▼ネット関連3団体 薬通販再開で政治働きかけ、法的ルール作りなど要望
▼医薬品通販規制訴訟、経過措置期限またぐ公算に
*
関連情報
内閣府行政刷新会議事務局「規制仕訳け詳細と結果速報 2011/3/6
A-3:一般用医薬品のインターネット等販売規制 論点説明シート

 

*2011/01/31のエントリでもこのテーマに触れました。

郵便事業会社、EMSに年間割引を追加

郵便事業会社では、4月1日から国際スピード郵便(EMS)に年間割引を追加、
また国際書留サービスに割引制度を新設するという。
*
内容は、下記をご参照ください。
*
▼国際スピード郵便(EMS)と国際書留サービス等の新割引サービスの拡大