西日本物流センター開所式の情報をアップしました

アドレス通商のWebサイトを更新しました。
3月1日、西日本物流センター開所式の写真もアップしています。
*
▼アドレス通商グループニュース
http://www.adotsu.co.jp/news/131/135
*
ニュース欄のとおり、
この事業所には関連会社のアドレスサービスも入居しており、
某人気家庭電化製品のリペサービスなどを手掛けております。
*
BCP対応で拠点の分散化を経営課題とされるお客様もかなりあるようです。
グループをあげて、付加価値の高いソリューション提供を心がけてまいりますので、
西日本方面でもどうぞよろしくお願いいたします。
*
◆アドレス通商 西日本物流センター
住所:〒579-8013 大阪府東大阪市西石切町7-3-44
TeL:072-988-4557
◆アドレス通商株式会社の事業所一覧はこちら◆
http://www.adotsu.co.jp/company/facilities
◆アドレス・サービス株式会社の事業所一覧はこちら◆
http://www.adservice.co.jp/company/guide/index.htm#sst_16
*

◆西日本物流センター外観



							

当社事業所案内ページに西日本物流センターを追記しました

当社ウェブサイトの事業所案内ページに、
西日本物流センターの情報を追加しました。
*
http://www.adotsu.co.jp/company/facilities

東日本大震災から1年・・・

てらと@営業推進室です。
*
11日の日曜日、東日本大震災から丸1年がたち、
被災地をはじめ、全国で、あるいは海外でも、
多くの追悼行事が行われました。
*
あらためて、亡くなられた方々のご冥福をお祈りし申し上げます。
*
テレビでは、被災地の一年間を振り返る番組が多かったのですが、
番組をみていると、この一年間のこと、これから先のこと、
いろいろな思いが押し寄せてきて、ことばを失いました。
*
なかなか復興が進まない厳しい現実も報道されました。
政府は、被災地のがれきの受け入れを、
すべての都道府県に正式に要請したそうです。
一刻も早く状況が改善されることを祈り、願っております。
*
このがれきの処理の遅れについては、
外国の記者からも危惧の念が表明されています。
*
▼「『絆』失われつつある」 知日派の元米紙特派員が警鐘
*
個人的には、絆が失われつつあるとは思いたくありません。
放射能汚染についてはとくに、
なにを信じてよいのか、疑心暗鬼になっているためなのでしょう。
小さなお子さんをもつお母さんの心労は理解できます。
がれき処理のオペレーションについて、
不安をもたれないようにすることも政府の重要な仕事でしょう。
*
被災者の思い出をすくい上げてあげるボランティア活動も印象的です。
デジタル化とネットワーク活用が進んだ現在こその活動でしょう。
*
▼被災写真の洗浄から修復までをマニュアル化 ―「あなたの思い出まもり隊」プロジェクト・・・
*
童謡で心を癒すという活動を続けているプロジェクトもあるそうです。
なかでも、「お猿のかごや」が場をもりあげるとのことで、
この曲をCD化して販売、収益で被災地に花のタネを贈るプロジェクトがあります。
*
▼東北応援歌声メッセージ「えっさほいさっさ」
*
ジャケットは、海岸近くに咲くハマナスの花、
iTnunesでも販売しているので、
興味がある方は聞いてみてはいかがでしょうか。
ハマナスのタネを贈る活動の支援にもなりますから。
*

							

3月1日、西日本センターを開設しました

3月1日、東大阪市に西日本配送センターを開設しました。